No.12134 仏教福祉の考察と未来 -仏教の死生観-

価格: ¥2,640 (税込)
[ポイント還元 26ポイント~]
数量:

twitter

仏教が社会福祉に果たす、さまざまな役割を提唱する、13の論文・講演・対談を収録。


仏教の視点から福祉を考える立場に立つ著者が、従来の生者中心の福祉の在り方を脱却し、「死の福祉」について、特に、仏教の立場から「死」の福祉を取り上げ、人生の最期(末期)である死の迎え方と、看取り方の心得と作法(臨終行儀)を紹介。ターミナルケア(末後の看取り)など、「医療福祉としての現代仏教」の役割を提言する。

【著:長谷川匡俊 (ハセガワ マサトシ)】
1943年2月28日東京都豊島区生まれ。日本の仏教学者、大乗淑徳学園理事長、淑徳大学前学長。淑徳大学創始者・長谷川良信の次男、前理事長・長谷川良昭の弟。1967年明治大学大学院文学研究科修士課程修了。

仕様・商品詳細
刊行 国書刊行会
判型 四六判(天地19.3×左右13.6cm)
ページ数 248ページ
著者 長谷川匡俊 (ハセガワ マサトシ)
送料 荷送料:650円 ※北海道・沖縄・離島を除きます。

ページトップへ