No.12129 書籍 禅画百譚

価格: ¥3,850 (税込)
[ポイント還元 39ポイント~]
数量:

twitter

禅画堂池上文僊師が清新な筆致で描く禅の境地


幕末・明治の傑僧をはじめとして興趣に富む禅門の逸話・公案など100話を軽妙な禅画と洒脱で簡潔な解説で紹介。『無門関』公案の「頌」は、漢文・書き下し・わかりやすい現代語訳付き。禅僧61名の略歴、禅語に註を付け、巻末に解題を付する。

【池上文僊 (いけがみぶんせん)】
1887(明治20)年東京生まれ。本名は池上藤五郎。日本画を四条派の大家・野村文挙に学ぶ。のちに山水画・仏画・禅画に精進し、禅画に新境地を開き高津柏樹禅師より禅画堂の雅号を受ける。六朝風の書も得意とした。1921(大正10)年、33歳で逝去。


仕様 / 商品詳細

項数 288ページ
サイズ 四六判(天地19.5×左右13.7×厚さ2.4cm)
著者 池上文僊
発行 国書刊行会
送料 650円 ※北海道・沖縄・離島を除きます

ページトップへ