No.12111 新編 十三仏の由来

価格: ¥5,060 (税込)
[ポイント還元 51ポイント~]
数量:

twitter

“十三仏” それぞれについての由来を、三つの項目に分けて詳しく紹介する。


“十三仏”それぞれについての由来を、「本尊の名義と体相」、「御経と真言」、「誓願と霊験」の三項目に分けて詳しく紹介する。 十三仏の各仏について経典の重要部分である、「三宝感応要略録」、「仏神感応録」、「沙石集」などから、各地の寺に祀られた仏にまつわる逸話が採録され、各仏の功徳霊験を、本書によってまとめて把握することができる。

【著者:廣安 恭壽(ひろやす きょうじゅ)】
1856年~1922年。 真言宗 福盛寺住職・権大僧正。 大正十一年、六十六歳で遷化。 日本最古の宗教新聞『六大新報』の主筆を務めた。 著書は、「般若理趣経和解」、「三陀羅尼経和解」など多数。


仕様 / 商品詳細

頁数 335ページ
判型 A5判
著者 廣安 恭壽(ひろやす きょうじゅ)
発行 国書刊行会
送料 荷送料650円 ※北海道・沖縄・離島を除きます

ページトップへ