No.12099 仏典に耳を澄ませ、 菩薩を学び、共に生きる

価格: ¥3,300 (税込)
[ポイント還元 33ポイント~]
数量:

twitter

仏教について優しく語りかける、講演録&エッセイ集。


「先生、この問題について、仏教ではどうすればいいですか?」
「じゃあ、お釈迦さまやお弟子さんのことばを聴いて、一緒にマネしてみましょう!」
仏教について優しく語りかける、講演録&エッセイ集。

インド仏教、特に維摩経を中心に書かれているので、宗派を問わず、講演の速記録が多いので、読み易い本です。

【著者:菅沼晃 (すがぬまあきら)】
1934年、群馬県生まれ。
1962年、東洋大学大学院博士課程中退。
1974年、「入楞伽経の思想史的研究」で文学博士。
東洋大学文学部印度哲学科教授、同短期大学学長を経て、1991-1994年、第35代東洋大学学長。
2005年、定年退任、同大学名誉教授。
2016年4月、逝去。

著書に、『ヒンドゥー教』(評論社)、『インド神話伝説辞典』(東京堂出版)、『釈迦のことば』『栄西・白隠のことば』(以上、雄山閣出版)、『サンスクリット講読 インド思想篇』『新・サンスクリットの基礎』(以上、平河出版社)、『ブッダとその弟子89の物語』『ブッダの悟り33の物語』(以上、法藏館)、『維摩経をよむ』(NHKライブラリー)、『釈迦の説話に耳を澄ませてみませんか』(河出夢新書)、『モンゴル仏教紀行』(春秋社)、『ドラマ維摩経』『道元が叱る』(以上、佼成出版社)『誰でもわかる維摩経』(大法輪閣)などがある。


仕様 / 商品詳細

頁数 372ページ
判型 四六判
著者 菅沼晃
発行 国書刊行会
送料 荷送料650円 ※北海道・沖縄・離島を除きます

ページトップへ